三井住友銀行カードローンは、平日も土日も早い審査回答が期待できます。

土日でも早い審査時間

三井住友銀行で借りられる「三井住友銀行カードローン」は、ネットでの来店不要申し込みで平日も土日も最短30分の早い審査回答となっています。銀行の窓口が閉まっている夕方や土日であっても、審査回答可能時間内の申し込みなら最短で30分となるため、困ったときには頼れるカードローンとなります。

銀行のカードローンでは一部で同じく最短30分回答となるところもありますが、多くは最短即日回答や数営業日かかるなど、どうしても審査の回答だけでも時間を要します。しかし、三井住友銀行カードローンであれば申し込みをしたその日のうちに、最短30分の早い審査時間で手続きが進められます。

ただ、申し込み内容や審査状況、結果によっては30分以上の時間がかかる場合もありますので、必ずしも30分で審査が終わるわけではない点だけは頭に入れておくと良いでしょう。

契約方法は大きく分けて二つ

三井住友銀行カードローンの契約方法は、大きく分けると二つとなります。申し込みはネットで進めるとした場合、審査回答後に近くの三井住友銀行のローン契約機まで行くか、または郵送を利用する契約となります。

それぞれには良い点も悪い点もあり、いつまでに借りたいか、どのように進めたいかによって契約方法が選べます。近くにローン契約機が無い場合には郵送での手続きしか選択ができないケースもありますが、三井住友銀行の店舗や契約機がある地域の方は、希望内容に合わせて選ぶと良いです。

  • ローン契約機を使う場合

ネットでの申し込み後にローン契約機を使う手続きは、平日でも土日でも最短即日でのカード発行と借り入れも可能となります。急な出費で早くに借りたい、カードをすぐにでも手元にほしい場合には便利ですが、ローン契約機まで行かなければならない点、近くに設置がないと利用ができない点には注意が必要です。

  • 郵送での契約を進める場合

同じくネットでの申し込み後、どこにも行かずに郵送で契約書類を交わす手続きも可能です。来店不要で契約とカードの受け取りができるために近くにローン契約機が無くても問題ありませんが、何度か郵送をする必要があるため、どうしても初回の借り入れに時間がかかります。日数に余裕が持てる方向けです。

近いうちに借り入れができれば問題が無ければ、来店不要で進められる郵送契約も便利です。しかし、なるべく早くに借りたいと考える方、カードは直接受け取りに行きたい方は、ネット申し込み後のローン契約機の利用が良いでしょう。

ローン契約機と聞くと入りづらいイメージがありますが、三井住友銀行内に設置がされている契約機を使うのであればそこまで気にする必要はありません。ローン契約機ではカードローンの契約の他に口座開設の手続きなどもできるため、「ローン契約機に入る=カードローンの契約」とはなりません。

中の様子は外部からは見えないようになっているので、たとえ三井住友銀行のローン契約機に入るところを誰かに見られたとしても、カードローンの契約をしていることは知られません。消費者金融のモビットなどの無人契約機とは異なりますので、そこまでに気にすることもないのです。

三井住友銀行カードローンの手続きを早く進めるのであれば、ローン契約機を利用するとしても予めネットで申し込みをしておくと良いです。ネットでの申し込みと審査が完了した後にローン契約機まで行けば、より早い手続きも可能となります。

第0位

三井住友銀行カードローン

最短30分の早い審査時間と、土日でも最短即日融資も可能な契約手続きが魅力です。

金利契約極度額審査時間収入証明
年4.0%~14.5%最高800万円最短30分300万円まで不要
最短30分となる審査時間と、平日も土日も最短即日融資も可能となる早い手続きが魅力のカードローンです。普段の生活費としての利用のほか、レジャーやまとまった買い物のお金としても借りられるので、目的や用途に合わせて借りられます。申し込みにあたっては極度額300万円までなら所得を証明する収入証明書の提出も不要となるため、外出先でスマホから申し込む際など、手元に収入証明書がない方でも手続きが可能です。
三井住友銀行カードローン
公式サイトで詳細を見る

金利や返済金額を知る

借りる際に気にしておくべき金利や返済金額は、三井住友銀行カードローンでは段階的に明確になっています。金利は契約極度額によって決まり、毎月の返済金額は借り入れ残高によって変わります。

少額利用なら返済金額は抑えられる

大きな極度額で三井住友銀行カードローンの契約をしたとしても、借りる金額を少額に抑えることで、毎月の返済金額は少なく済ませられます。少しずつの返済でカードローンを利用したいと考える方は、利用枠があるからと満額を借りてしまうのではなく、返済ができる範囲での借り入れに留めておくと良いです。

金利だけを見ても月々の返済負担は分かりづらいですが、借り入れ残高ごとの返済金額を見ればどの程度の支払いになるかが分かります。返せる金額から借りる金額を考えてみるのも良いので、無理のない返済ができるように三井住友銀行カードローンを利用するようにしましょう。

  • 大きな極度額で少額を借りる

三井住友銀行カードローンは金利は極度額によって決まり、返済金額は借り入れ残高によって決まります。そのため、少額を借りる予定でも大きな極度額で契約ができれば、同じ借り入れ金額であっても金利は低くなります。

  • 総支払額を減らすために

毎月の決められた金額以上の返済も可能な三井住友銀行カードローンでは、多くの返済を進めておけばそれだけ元金が減るペースが早くなり、完済までの総支払額が少なくなります。余裕があれば積極的に返済を行いましょう。

おまとめや借り換えにも適する

極度額によって変わる金利は、大きな金額を借りる場合が多いおまとめや借り換えとしての利用にも適しています。複数のカードローンで高い金利で借りている方は三井住友銀行カードローンでの一本化を行うことにより、金利の低下と返済負担の軽減が可能となる場合があります。

特に総額で100万円を超える金額を借りている際におまとめとしての利用は効果が高くなり、銀行からの借り入れであるとしても少額ずつをトータルで100万円超の利用であれば、三井住友銀行カードローンへのおまとめで金利低下に期待が持てます。

  • おまとめで金利負担が軽くなるケース

例えば70万円を年14.5%の金利で2社から借りている場合には、総額での借り入れ金額は140万円となり、金利は年14.5%となります。140万円を三井住友銀行カードローンでまとめるとすると100万円超200万円以下の金利となるため、適用されるのは年10.0%~12.0%で年2.5%~4.5%の金利低下となります。

おまとめ前
(銀行カードローン)
おまとめ後
(三井住友銀行カードローン)
おまとめ前後の
金利差
70万円(年14.5%)
70万円(年14.5%)
140万円
(年10.0%~12.0%)
年2.5%~
4.5%の負担減
120万円(年12.0%)
120万円(年12.0%)
240万円
(年8.0%~10.0%)
年2.0%~
4.0%の負担減
150万円(年10.0%)
150万円(年10.0%)
150万円(年10.0%)
450万円
(年6.0%~7.0%)
年3.0%~
4.0%の負担減

上記はお的前の金利を銀行でのカードローン利用として考えていますが、消費者金融での借り入れやクレジットカードのキャッシングの場合には元の金利が高くなるため、三井住友銀行カードローンでのおまとめにおける金利の軽減幅はさらに大きくなります。

消費者金融で70万円を借りているとすれば適用される金利は高いところで実質年率17.8%となるため、2社利用時の140万円を三井住友銀行カードローンでまとめたとすると、低下する金利は年5.8%~7.8%となります。

銀行であれば段階的に下がっていく金利も、基本的には少額の融資となる消費者金融では下がりにくいため、100万円を超える借り入れがあるとしても金利は15.0%程度にしかならない場合があります。これでは金利負担が大きすぎるため、総額である程度の金額を高い金利で借りている方は、三井住友銀行カードローンへのおまとめを考えてみましょう。

おまとめ前
(消費者金融)
おまとめ後
(三井住友銀行カードローン)
おまとめ前後の
金利差
70万円(年17.8%)
70万円(年17.8%)
140万円
(年10.0%~12.0%)
年5.8%~
7.8%の負担減
120万円(年15.0%)
120万円(年15.0%)
240万円
(年8.0%~10.0%)
年5.0%~
7.0%の負担減
150万円(年15.0%)
150万円(年15.0%)
150万円(年15.0%)
450万円
(年6.0%~7.0%)
年8.0%~
9.0%の負担減

消費者金融から総額で数百万円の借り入れとなるのは難しい部分がありますが、十分な所得を得ている方であれば不可能ではありません。ただ、それだけの借り入れができる方は金利でしっかりと比べてカードローンを選んだ方が良く、金利負担が軽減できる三井住友銀行カードローンなどの銀行での借り入れを考えてみると良いでしょう。

おまとめにしても借り換えにしても、元の借り入れ先の金利が優れている場合には、金利負担が軽減されない場合があります。今現在の適用金利と比較し、極度額に応じた三井住友銀行カードローンの上限金利の適用となった場合でも金利が下がるかどうかを確認してください。

様々な幅広い便利な用途

三井住友銀行カードローンは様々な用途に利用ができ、生活費としてだけでなく例えば教育資金としての借り入れにも適しています。教育資金の借り入れとなると教育ローンをイメージするものですが、教育ローンは借りるまでに時間がかかる場合があることや、カードローンタイプではないものでは繰り返しの利用ができない不便さがあります。

一度に融資額を全て借り入れ、借りた後は月々の返済を進めていくだけとなるのが一般的な教育ローンのため、今後に継続してお金が必要となることもある教育資金としての借り入れには、教育ローンだけではまかないきれない場面も出てくる可能性があります。

その点、三井住友銀行カードローンであれば教育資金としての借り入れにも利用ができるため、まとまったお金も審査の結果次第で借り入れが可能で、さらに今後の教育資金として、または生活費としてお金が必要になった場合でも、枠内であれば再申し込み不要でカードを使って繰り返し便利に借りられます。

土日でもネット申し込み後の契約機の利用で最短即日融資も可能となる三井住友銀行カードローンであれば、教育資金としてまとまった金額を借りたいときにも、急ぎで現金が必要なときでも便利で頼れる借り入れが可能となるのです。

  • 追加の借り入れは申し込み不要

利用枠内でお金を借りる際には、申し込みや手続きは不要となります。枠を超えての増額となると審査が必要となりますが、利用枠内の繰り返しの利用においては再申し込みや申告等は不要です。契約後はATMでスピーディに借りられるので、教育資金でもその他でも、今後にお金が必要になりそうと考えられる場合には、備えとしての三井住友銀行カードローンの契約を進めておくのも良いです。

コンビニATMが手数料無料で使える

三井住友銀行カードローンの借り入れや返済は、対応するATMでカードを使って行えます。三井住友銀行のATMだけでなく、他金融機関やコンビニに設置のATMでも使え、限度額内なら繰り返し借りられるために便利で頼れるカードローンとなっています。

利用の際には三井住友銀行はもちろん、ゆうちょ銀行ATM、セブン銀行、ローソンATM、イーネットATMといったコンビニATMも手数料が無料となります。曜日や時間を問わずにいつでも無料となるため、必要なときに余計な手数料負担を気にせずに借りられます。

ATM利用手数料がかかると今後の必要になるかもしれないと余計に多めに借り入れをしてしまう場合がありますが、上記のATMなら手数料がいつでも無料となる三井住友銀行カードローンであれば、必要な金額だけ借り入れ、返済も随時任意で行えるので大変便利です。

審査時間や契約の進め方、金利や返済金額だけでなく、三井住友銀行カードローンには様々な良い点や特徴があり、カードローンを初めて利用する方にも頼れる借り入れ先となっています。

申し込みは正しく慎重に行う

三井住友銀行カードローンで借りられるかは、保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社による審査に通るかが重要となります。審査の基準については明確にはされていませんが、借りたいからと虚偽の内容での申し込みなどは避けるようにしましょう。

嘘が通るほどカードローンの審査は簡単なものではなく、何の意味もありません。意味が無いばかりか確認のために電話が入る回数が増えてしまったり、審査時間が余計にかかるなどデメリットしかありません。

また、他社のカードローンとの同時の申し込み、他で審査が通らなかったからと立て続けに申し込みをするのも控えるべきです。三井住友銀行カードローンの申し込みは正しく慎重に、ミスなども無いようによく確認しながら進めてください。

入力内容に間違いがあると、確認のために審査時間が余計にかかる場合があります。審査の結果にも影響が出る可能性があるため、申し込みフォームで入力した内容は送信前にしっかりと確認をしましょう。

トップへ戻る